2019-07-08

《自邸改修》床組

床を支える束(つか)と束石(つかいし)

我が家の改修現場では解体が終わり床組が進んでいます。
上の写真は、床の重さを下から支える束(つか)と束を受ける束石(つかいし)です。最近の住宅では束は鋼製のものがほとんどなのですが、もともと据えられていた自然石の束石を活かすには木製だろうと、大工さんが昔ながらの手仕事で作ってくれました。束石の表面はデコボコしているのですが、それに合わせて木の束が滑らかに削られています。「ひかりつけ」という高度な技術です。

新材(手前の色が薄い木材)と古材(奥の色が濃い木材)の組合せ

現場の古い材も上手く再利用しながら、手仕事で床組が見る間に出来あがっていきます。床板を張ると見えなくなってしまう部分ですが、丁寧で手際のよい仕事に感動しました。

関連記事