2021-08-27

グルーチップガラス

解体される古民家でグルーチップガラスを発見。
ガラス表面に膠(にかわ)を塗り、それを剥がす時に出来る独特の模様を楽しむのがこのガラス。同じ模様は世界に二つとありません。
大正時代の建物によく見られましたが、国内では現在ほぼ製造されておらず貴重なものです。
建物は取り壊されるものの、建具・ガラスは保存してもらえるそう。建物だけでなく、こういう古いものを次の世代に繋いでいく仕組みを創らなければ、と考えています。

関連記事