設計事例

自邸 改修工事

豊丘村の自邸改修工事です。
築25年程度の和風離れを、若世帯向けのLDKにリノベーションしました。
コストを抑えつつ自分たちのやりたいことを最大限実現するため、出来るだけ既存の間取りを活かしたプランニングとし、さらにDIYを積極的に取り入れています。

全体の雰囲気はダークな色調やインダストリアルな素材でまとめました。

主な構造や電気・給排水はプロに施工してもらい、内装の大部分は自分たちで施工しています。
マグネットペイント・チョークペイント、しっくい塗り、タイル貼り、床の色付け…
よく見るとはみ出したりムラがあったりしますが、それが家に対する愛着であったり、緊張感のない雰囲気をつくり出しています。

家電製品のように「壊れたら捨てる」消費型の家づくりではなく、「自分たちでつくり続けていく」ような家繕い(いえづくろい)を目指しました。

S邸 改修工事

高森町の住宅改修工事です。
住まい手は若夫婦2人と猫2匹。
もともとは伝統的な2間続きのお座敷でしたが、和室のうち1室をLDKに改修しました。

伊那谷を見晴らせるロケーションにあり、その眺望を活かせるよう東面に大きなガラスのサッシを採用。
市田の灯篭流しでは、花火が真正面に見られるそうです。

部屋の主な色調は爽やかな白。 ただ、白色だけだと緊張感のある空間になってしまうので、もともとあった柱を見せ、天井には化粧梁を配しています。
さらにシステムキッチンや家具・建具も木製のものとし、清潔感がありつつも温もりの感じられる空間を目指しました。

I邸土蔵 改修工事

築100年以上の土蔵改修工事です。
傷みの激しかった外壁や屋根、床板を補修し、さらに一室をギャラリーとして活用出来るように手を入れました。
ギャラリーは、既存の床を一部撤去して吹抜けとし、土蔵の構造的な魅力を体験出来るように考えました。
また、新しく付け足す部材は、既存の部材と上手く調和するよう、デザインや寸法に配慮して計画しています。

豊丘村南保育園

未満児保育の拡充に伴う、保育室の改修工事です。
未満児室の計画においては、ハイハイ・ヨチヨチ期の0・1歳児と、活発に遊び回る2・3歳児を、一室の限られた広さの中でエリア分けする必要がありました。その解決策として提案させて頂いたのが、園児ロッカーのアイランド配置です。
ロッカーによって空間を緩やかに区切りつつも、3人の保育士さんが声を掛け合ったり、部屋全体を見渡せるようにロッカーの位置・高さを設定しました。
園児が手を触れる壁や、昼寝の際に見上げる天井は板張りとし、普段の生活の中で自然の風合いが感じられるような空間を目指しました。

K邸 古民家再生

長らく空き家となっていた民家の再生工事です。
傷みが激しかったため、丁寧に全解体して各部材の状態を確認し、現地にて建て替えを行いました。
耐震や断熱など現代の考え方を取り入れつつ、柱や梁、建具など、活用出来るものは、可能な限り活用しました。