2020-02-20

《飯田市Mさんオフィス(改修)》着工・解体工事

M邸解体工事

飯田市でオフィスのリノベーション現場が始まりました。お施主さんはDIYに関心があり、建築主と大工さんが一緒に現場で作業を行う、少し変わった手法をとっています。改修面積12帖、工事期間1ヶ月という短期決戦の現場です。

M邸解体工事(壁下地)

現場へ足を運ぶと解体がかなり進んでおり、壁の下地が姿を現していました。この壁はプロジェクターを投影する白壁になる予定です。

M邸解体工事(シロアリ)

既存の仕上げを剥がすと色々なことが分かります。北側の柱がシロアリに喰われてボロボロになっていました。 鉄骨造なので主要構造には問題ありませんが、気持ちのよいものではありません…。他にも問題がないか注意深く見ていきます。

M邸解体工事(ハクビシン)

トイレの天井には大量のワラが積み上げられていました。おそらくハクビシンの巣だと思います。畜産をやっていた頃のワラがまだ残っており、せっせと運んだようです。

1日で壁の解体は一段落し、次はお施主さんによる天井のペンキ塗りが始まります。

関連記事