2019-01-29

裏界線

裏界線写真

飯田市の旧市街地「丘の上」。路地裏好きにはたまらない「裏界線(りかいせん)」 と呼ばれる路地が続いています。
丘の上に張り巡らされた裏路地 は、飯田大火(1947年)の教訓から防火帯や避難経路として整備されたもの。巾2mの小径はヒューマンスケールで心地よく、丘の上を訪れる度に、奥へ奥へと誘われてしまいます。そぞろ歩いていると空き家がちらほら確認でき、裏界線と一体で活用したら面白いだろうなと想像が膨らみます。
写真左手の土蔵のなまこ壁がまだらに変色していますが、飯田大火の炎の痕跡なんだとか。表通りは比較的新しい建物が立ち並びますが、一歩足を奥へ踏み入れると飯田の歴史が感じられる空間が広がっています。

関連記事